注目のU・Iターン情報

Vol. 11 U・Iターンコンシェルジュと歩んだ転職への道

プロフィール

Kさん:上越市出身40代後半。IT系エンジニア。小学1年と年少の子供2人と妻を連れ、Uターン。専門学校卒業後、新潟市内の企業に就職し、30歳で転勤。首都圏で人生の大きなイベントである結婚、マイホーム購入、2人の子供の誕生を経験。約17年間首都圏で生活し、今年3月にUターン。4月より新潟市内のIT企業に転職。

新潟移住を考えたきっかけ

40歳代前半までは首都圏の生活は便利で雪は降らないなどを考えると、このまま永住を考えておりました。しかし、普段の生活に時間的な余裕がなく、平日は朝6時過ぎに家を出て、片道2時間弱電車に乗って通勤し、帰りは21時頃帰宅して寝るだけの生活を何年も続けておりました。それが当たり前と思うのであればそれまでですが、新潟で働いていたことがあったので、正直、何が楽しくて毎日4時間近くの通勤に大切な時間を費やしているのか?と思うようになりました。
その一方で4月に長男が小学校へ入学しましたが、子育てはもっと空気がよく、自然に触れることができる環境がよいのではないかと考えるようになっていました。また、東日本大震災後、改めて未曾有の首都直下型地震が確実に発生すると言われており、不安に感じておりました。その頃ちょうど実家の所用が重なり新潟へ年に何回も出向く事があり、やはり生まれ育った新潟にUターンしたいと強く思うようになりました。

転職活動の内容

U・Iターンコンシェルジュ事業を利用させて頂きました。
私自身、上越出身ですが、上越にはIT系の求人はあまりなく、以前に住んでいたことがある、新潟市内の求人をネットで検索して、マッチしそうな求人をU・Iターンコンシェルジュにお伝えして、企業へお問い合わせ頂くことと、U・Iターンコンシェルジュから私にマッチしそうな求人をご紹介頂いくことを繰り返し対応頂きました。活動期間は1年半位に及んだと思います。年齢的なハードルにより、書類選考時にNGと判断される企業が何社かありました。
また、IT系の仕事は首都圏とそれ以外で業務内容がどうしても異なる所があり、せっかく経歴をお伝えしても、マッチする業務がないという判断で採用見送りとなる事もありました。
U・Iターンコンシェルジュご担当と二人三脚で就職活動をさせて頂いた結果、現在の就業先企業に4月より勤務しています。U・Iターンコンシェルジュご担当にはたいへんご尽力頂き、感謝しております。

Uターンをする上での家族との相談について

妻に新潟へUターンしたい旨を最初に伝えたときは、かなり戸惑っていたと思います。と、いうのも全くそのような素振りは私自身しておらず、以前は首都圏に永住したいと話していたこともあり、いきなりの話だったと思います。また、妻は高校卒業以降ほとんど首都圏で生活していたので新潟での生活は想定外だったと思います。
ただ、頭ごなしに反対ということはなく、私のUターンの理由やUターン後どんな生活をしたいかを伝えて、しばらく考えた後にUターンに承諾してもらったと記憶しています。
その後は4、5回ほど新潟に来て、家族をいろいろ案内しました。Uターンに向けての優先順位は・・・私の年齢的なものがあり、まずはUターン後の就職先です。次が住居、子育て環境でした。

移住する上で大変だったこと

間違いなく就職活動です。
昨年の春に1社内定を頂きましたが、諸事情で内定取り消しとなってしまい、その後、なかなかマッチする企業がなく、U・Iターンコンシェルジュご担当経由で応募頂いても年齢的な理由や業務的にアンマッチという理由で採用見送りという状況が続きました。
そんな状況でしたが、ちょうど長男が今年4月より小学校入学となるため、転校など、子供への負担を勘案したのと、就職先未定のままでも新潟に転居することにし、賃貸を探しましたが、居住開始時点で無職状態ということを伝えるとなかなか貸して頂けなく、一時はどうしようか・・・と真剣に考えておりました。
しかし、2月末に採用面接を頂いた現在の就職先企業へ内定を頂き、4月より私は新入社員、長男は新一年生、次男は幼稚園に入園と、新しいスタートを迎えることができました。

U・Iターンをしたい方へのメッセージ

妥協しなければならない事が必ずあります。
まずは、収入面からすると必ずといっていいほど下がります。
当然、仕事の内容も全く今までと同じというわけにはいかないことが多いはずです。私はIT系という業種は変わりませんが、今までに体験したことのない業務内容に携わっています。正直、仕事をしていて辛いと感じることもあります。しかし、これらを差し引いてもUターンしてよかったと今は思っています。Uターンに向けていいことばかり思い描いていると、Uターン後にかなりギャップを感じると思います。妥協できるところ、譲れないところを明確に決めておいて検討された方がいいと思います。
あとは、何かあればU・Iターンコンシェルジュに相談されることをオススメします。いつでも親身に相談に乗って頂けると思います。