注目のU・Iターン情報

Vol.24 こだわりのハサミから厨房に夢を変えたIターン転職

プロフィール

水落竜平さん 38歳 神奈川県川崎市出身。

東京都大田区で生まれ、神奈川県川崎市で育ち、東京の大学に進学しそのまま首都圏で就業。

そして出会った新潟県三条市出身の奥様とご結婚。奥様の故郷である新潟で暮らす為、お子様が小学校に上がるタイミングで移住を決意。2018年、三条市にIターンしハイサーブウエノにて営業職として活躍中。

 

新潟移住を考えたきっかけ

妻の実家は両親だけで住んでいるので、将来的なサポートも考えていつかは移住を考えていました。子供が小学校に上がるタイミングで移住をしようと決めて、転職活動をしてきました。新潟は自然が多いので、のびのび育児が出来る環境も決め手のひとつでした。

コンシェルジュ運営のイベントが就業決定のきっかけに。

当初は兄が庭師だった関係から、庭用品のハサミを作る仕事にこだわって探していました。一緒に燕のハサミを作る会社数社へ見学に行ったりも。そんな中、コンシェルジュから庭用品のハサミを作る仕事をご紹介頂き、条件も確認しましたが希望とは合わないのでお断りをしました。知らない土地で道順も分からず、地元なら外見だけでも見に行った上で決定出来ますが、何だかピンと来なかったんですよね。

コンシェルジュ運営のU・Iターンのイベントで今の会社の社長と出会い、「会社見学においで!」と誘われました。そのひと言で行った見学では、今まで色々見えなかったこと・・・土地勘が無く、場所や会社の雰囲気も分からず応募すら決めかねていましたが、実際に行くことで就業後のイメージを具体的に感じることが出来ました!

家に帰り、気づくと妻に「もう決めちゃっていいかな?」と話をしていましたね。(笑)

その後の面接も、通常なら新潟の会社にお伺いして・・・ですが、私の場合はビックサイトで行っていた展示会にて、社長や他の社員から半日掛けて展示物の説明や話をしてもらい、それが面接となりました。 

移住後に感じる新潟の暮らしについて

今まで暮らしてきた神奈川では、電車や自転車での移動が主だったのですが、新潟に来てからはもっぱら車での移動が多くなりました。近くのコンビニやスーパーに行くにも車。向こうでは自転車で行く距離もついつい乗ってしまいます。おかげで少し運動不足ですね。(苦笑)

交通は不便なところもありますが、それを打ち消せるメリットも感じています。首都圏だと、例えば江ノ島に行って帰りは3時間以上の渋滞ですが、新潟ではスムーズに行ける場所に自然があり、夏は子供と海や川に遊びに行ける環境が素晴らしいと思います。私はオフロードバイクが趣味で、移住前に比べ、プライベートな時間を多く取ることが出来るので、充実した日々を過ごしています。買い物も近くに大きいスーパーがあるので不便も感じません。また、子供がまだ小さい為、妻の実家で見てもらっていて、仕事帰りに迎えに行くと義母がご飯を作っていてくれたりもします。山菜や魚、地の物をふんだんに使ったご飯は最高に美味しいです!

新潟に来て新しいことにチャレンジしたい!夢を持てた初めての営業職

長くこの仕事に携わっていく為に勉強・精進を怠らず、まずはしっかりと今の仕事を覚えていきたいです。Iターンの先輩でもある小山部長のように知識豊富になり、部下や後輩に慕われる人間に成長したいと思っています。また、現在の取引先は国内の企業様が主ですが、将来は海外でも売れる板金を作り、アメリカやアジアのチェーン店などに販路を拡げたいと考えています。

 

U・Iターンコンシェルジュより

「庭用ハサミが作りたい!」との強いご希望を頂き、移住予定エリアからも近く、ぴったりだろうと思われるお仕事をご紹介いたしました。ですが「違うんです。ぜひお会いして直接説明をしたい」とご希望がございました。タイミングよく当事業が運営するイベントにご参加予定があり、お話しをお伺いする予定でした。しかしそのイベントの企業ゲストとしてご参加されていたハイサーブウエノの小越社長と出会った水落さんは、同社に会社見学に誘われ、面談予定のコンシェルジュとはお話せずにお帰りになってしまいました(笑)

内定に至るまで、様々な道のりがありましたが、いま、ハイサーブウエノ様で働いている水落さんは目をキラキラ輝かせながら工場内を案内して下さいました。今後はハサミ以上に厨房に強いこだわりを持って、ご活躍いただければと願っております。