注目のU・Iターン情報

Vol.38 実家に対する不安と責任…決意から二年越しのUターン

プロフィール

田澤篤士 さん(30代) 三条市 出身

大学進学で上京し、卒業後、そのまま東京のIT企業へ就職。千葉県出身の奥様と結婚し、一男一女を儲ける。実家の老朽化や両親のことを考えて新潟に帰りたいと思う気持ちを家族に相談し、昨年19年、ご家族で新潟にUターン。現在は株式会社インテックの営業にて即戦力として活躍中。

 

 

新潟移住を考えたきっかけ


進学で大学を出た時から実家に対する心配と不安がありました。

具体的に考え始めたのは、実家の家屋老朽化や、両親も歳を取り、もしどちらかが倒れたら…といろいろ考えた時、両親と一緒にいた方がいいのでは、と思ったことがきっかけでした。その気持ちを妻や子供に伝えながらいろいろ話し合い、決意から2年後、移住をするために転職活動を開始しました。環境が180度変わるため、妻には大変な苦労だったと思いますが、一緒に来てくれてとても感謝しています。二人の子供たちも環境に馴染めるか心配でしたが、地域の行事などで顔を合わせると、近所の子供たちともすぐに仲良くなりました。遊び方は千葉と変わらずNintendo Switchばかりですが…。(笑) 楽しそうに過ごしています。

東京からは新潟が見えない。その中で頼りになったU・Iターンコンシェルジュ

移住を考えてすぐに、とある転職エージェントに登録・相談しましたが、家族との話し合いがまとまらず時期が定まらなかった為、一度休止したんです。転職活動を再開した際、WEBで知った新潟県U・Iターンコンシェルジュへ登録し面談を申し込みました。仕事に不満はなかったので、同じ職種にて転職したい旨を相談したところ、名前は以前から知っていたインテックを紹介頂き、すぐに応募を希望しました。面接に行った時、今までの経験を余すことなく活かせると実感。即戦力として貢献出来る確信が掴めました。

自分でも情報収集をしていましたが、なかなかいい求人が見つけられず、悩んでいるところにコンシェルジュに登録・相談が出来て、現職のインテックを紹介頂いたおかげで今があると感じています。

東京にいると新潟の転職事情が見えないので、詳しい情報を頂けたことがとても助かったことを覚えています。

悩んだのは移住の「タイミング」

 

転職に関してはスムーズに決まり、特に大変なことはなかったのですが、子供の進学のタイミングなどで約2年ほど妻との話し合いが続いた事…移住のタイミングを決めることがとても大変でした。

また、移住時期が3月でしたので、引っ越し業者の予約がなかなか取れない上に費用が高い、家1件分の引っ越し準備と行政関連の手続き、退職に向けた引継ぎ作業が一挙に来ますので、その多忙さがとにかく大変でした。私は実家への移住だったのでその必要はなかったのですが、もしここに新居探しが加わっていたら…本当に大変だなあと思います。

移住をお考えの方は、具体的な日程が決まらなくても、少しずつ整理したりするなど、早めに出来ることをしておいたほうがいいかも知れませんね。

通勤1時間も楽しく過ごせる、和気あいあいとした職場

今の仕事は前職と同じ業種・職種ですので、仕事自体に不安はありませんでした。それよりも人間関係がどうかなあと思っていましたが、和気あいあいとアットホームな雰囲気で迎えて頂き、とても良くしてもらっています。

地方センターでは営業以外の業務もあり、営業だけに集中出来ないことがあるため、そういう大変さは少しありますが、前職で分業が出来ていた時と比べると、他部署の人との繋がりが作りやすいという利点があるので、声を掛け合いながら助け合って仕事が出来る今の環境も悪くないなぁと思っています。

また、通勤時間は1時間と東京に居たときと変わらないですが、満員電車での1時間とプライベート空間がある車での1時間、選ぶならやはり後者ですね。ニュースを聞きながら快適に通勤しています。…飲み会はほぼノンアルコールですけどね。(笑)

10年後、新潟を伸ばすために新潟を学び続ける

10年後は50代手前ですので、マネジメント職を目指していきたいと思っています。

東京では担当の業界を深めていくことで数字は作れますが、新潟では担当以外の業界のことも知る必要がありました。新潟の主要産業…農業だったり三条の製造業だったり、入社1年目は新潟のマーケットを知る努力を惜しまずしてきました。

入社2年目、これからも10年後を目指して学び活かし、新潟を伸ばしていくための貢献をどんどんして行きたいと思っています。

U・Iターンしたい方へメッセージ

先程もお話した通り、東京にいると新潟の情報はなかなか手に入りません。そこでU・Iターンコンシェルジュのような新潟に特化したエージェントを活用して、情報提供をもらったり相談したりしながら進めていくことが、移住を進めるコツではないかなと思います。

ちなみに、新潟のラーメンは絶品です!移住したらぜひ食べてみてください。