注目のU・Iターン情報

Vol.4 朝日酒造株式会社

本日は、朝日酒造株式会社の代表取締役社長・細田康様にお話を伺いました。朝日酒造は、1830年に創業し、1920年に現在の会社組織となった新潟県内屈指の日本酒の蔵元。「久保田」「朝日山」といった全国的にも著名な銘柄を製造販売する一方、社業を通じての文化の発信や地元の自然保護にも力を注いでいる業界のリーダー的な存在となっています。そんな魅力ある企業朝日酒造を紹介します。※コンシェルジュ事業登録者も採用いただきました※

kubota_asahishuzo_event_EYUoJZk

会社概要

概要 新潟県内屈指の日本酒の蔵元。「久保田」「朝日山」といった全国的にも著名な銘柄を製造販売する一方、社業を通じての文化の発信や地元の自然保護にも力を注いでいる業界のリーダーです。
代表者 取締役社長  細田 康
所在地 〒949-5494 新潟県長岡市朝日880-1
従業員 183名
事業内容 日本酒の製造・販売
事業所 本社(長岡市)および関東支店(東京都豊島区)
企業HP http://www.asahi-shuzo.co.jp/

企業紹介

天保元年(1830年)長岡の地に屋号の「久保田屋」で酒造りを始め、以後90年を経て、大正9年に株式会社を設立しました。日本酒の名産地として多くの蔵元を抱える新潟県の中でも、業界をリードする屈指の存在となっています。「久保田」「朝日山」に代表される商品は日本国内は勿論、海外でも多くのお客様から支持されております。

TOPは語る

img_ceo

昨今、日本酒を取り巻く環境が厳しくなってまいりましたが、私共は先人の足跡に学び、あくまでも「品質」にこだわり、酒造業の正道を歩んで行きたいと考えております。毎年3月の「にいがた酒の陣」では多くの来場者があり、イベント消費も膨らみますが、私共は「日々の楽しみ方」を常に提案していくことがより重要だと考えています。ビールやワインなど、様々なアルコール飲料がある中で、日々楽しむ選択肢に日本酒が入るよう、蔵元が努力をしなければなりません。特に20代後半の方に、本当においしい酒を飲んでいただきたいですね。まだ「久保田」「朝日山」を知らないお客様が大勢いらっしゃいます。これから先の10年に向けて、「「久保田」「朝日山」のことを知りたい、欲しい」と思っていらっしゃるお客様に出会い、そして飲んでくださるお客様お一人お一人とつながるための活動を行ってまいります。そして国内はもとより、現在26の国と地域からなる輸出先、そして新たな市場で日本食の浸透とともに、日本酒がより世界の皆様に愛されるよう、努力を重ねて行きたいと考えております。

社屋外観

現在、社屋を利用し、コンサートや寄席を実施したり、美しい自然環境の中でのお茶会を催すなど、地域の特性を活かしながら、文化活動を行っております。今後もさまざまなイベントを行いながら、四季を通して楽しめる「酒蔵のある里」づくりを進めてまいりたいと思います。

採用担当者からのメッセージ

私共、朝日酒造株式会社の経営の目的は、日本酒の製造、販売を通して、この会社の社会的存在価値を高めていくことです。まず第一にこの目的を充分に理解し、社内外で明るく人間関係を構築できる人材を求めます。「日本の伝統」そのものの業界ではありますが、「こうでなければならない」、「こうあるべき」という偏見や過剰な拘りは必要ではありません。自分に固執せず、共通の仕事に対する「信念」を咀嚼できる方を募集しています。

募集職種

営業職

勤務地域 長岡市
想定年収 400万~500 万円
業務内容 【酒類の製造及び販売】
国内セールス
本社(長岡市)あるいは関東支店(東京都豊島区)を拠点に卸店、小売店等を訪問し、自社製品の紹介や販売をします。またエンドユーザーである飲食店のお客様も訪問し、自社製品の紹介等を通じて、営業、販売を行います。
必要スキル・条件 セールス経験(マナー)
PCスキルは必須(ワード(文書作成)・エクセル(分析集計)・パワーポイント(プレゼンテーション)
マーケティング知識
明るく人間関係を構築出来る方
業界に対する偏見や拘りが無い方
マイカー通勤
年間休日 120 日
福利厚生 賞与:年2回(前年度実績による)
昇給:有 退職金:有
通勤手当:車の場合上限5500円
公共交通機関の場合:定期乗車代全額
加入保険:厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険

※募集が終了している場合がございますので、ご応募ご希望の方はコンシェルジュにお問い合わせ下さい。